トップ / 学校の雇用の基本を知る

学校の雇用の基本を知る

学校で働く場合の形態

学校の雇用形態が多様化

企業では、できるだけ人件費を抑えるために派遣社員や契約社員という雇用形態での採用が多く見られる。正社員と全く同じ仕事をしながら、労働者として守られる権利には大きな開きがあるのが現状である。その傾向は学校、教育現場にも広がっていると言う。本採用、臨時採用、非常勤講師、ゲストティーチャーなど、様々な立場の先生たちが子どもたちの教育に携わっているのである。子どもたちの指導には情報共有や密なコミュニケーションが不可欠なはずであるが、先生たちの勤務形態や勤務時間にずれがあり、それがままならないのだと言う。人件費削減や経費節減は学校という教育の場にはなじみにくい。もっと未来の人材を豊かに育てていくべきである。そのためには雇用形態の多様化を解消し、同じ立場から子どもたちの指導に関わることが大切であろう。

良い先生の特徴を知ろう

学校の先生にも良い人悪い人は人間ですので当然居ます。学費を払って授業を受けるのですから、良い先生はどんな教え方をするのかを知っておく事が大切です。授業方法は人それぞれですが、プリントや教科書でただ考え方を教えるだけではなく、生徒がどんなところで詰まっているのか反応を見ながら、詰まっている箇所を見つけて全員が納得するような解説をすることや、間違ってもいい雰囲気をつくることで、生徒が積極的に授業に取り組めたりもします。充実した学校生活を生徒に送ってもらうためには、充実した授業をつくることもとても大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校でモラルを育む勉強. All rights reserved.