トップ / 学校で責任感を養う重要性

学校で責任感を養う重要性

学校でのルールを学ぶ

学校での委員会の意味

学校では、様々な委員会が立ち上げられています。自分たちで運営することで、自主性を高め、生活のルールを自分たちで守ろうとする意識を身に着けることができます。生徒たちで考え、実行することで責任感を養うことができます。学校生活において委員会は勉強以外の生活の部分を学習する大切なポイントでもあります。生活部分と学業部分の両方の学習を行うことで成長していきます。両者はどちらかがおろそかになってもよくありません。お互いのバランスが保たれてこそ、教育を成り立たせることができます。周囲は、生徒の経験するチャンスを損なわないように見守ることが大切です。

委員会活動の目的とは

ほとんどの学校では、委員会活動が設けられています。これは、児童や生徒が学校生活において自ら行動する力を養うことを目的としており、様々な委員会に所属してそれに応じた活動をしていきます。代表的なものとして挙げられるものは、生活委員、図書委員、放送委員、保健委員、給食委員、スポーツ委員、広報委員、健康委員などがあります。一般的には高学年に当たる5年生や6年生が参加することが多く、各委員で1人から2人クラスから選出されることが多いです。共学の場合は、男女の比率が均等になるようにしており、保健委員においては男女両方が必ず揃うようになっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校でモラルを育む勉強. All rights reserved.