トップ

学校でモラルを育む勉強

学校での人間関係

学校では遊びの中にこそ学びが

学生時代、特に幼年期は学習だけではなく、遊びの中からこそ人間関係やモラルを学ぶ機会が多く得られます。教養だけなら自宅でも学べますが、集団でなければ感じ取れないこと、生きていく上に必要なコミュニケーションを学ぶために学校へと通学しているのです。コミュニケーションは生涯を通じて必要な能力です。自分さえよければいい、というような利己的な人間は、遅かれ早かれどんなコミュニティでも排除されていきます。そうならないよう、他人を尊重することが当たり前、というモラルを育むために、学校という場が提供されなければいけません。

遊びの定番ドッジボール

学校では様々な遊びが出来ますが、その中でも定番と言えるのがドッジボールです。ドッジボールは大人数で行うスポーツの一つで、2つのチームに分かれて行います。主に小学校で行われているスポーツで、相手チームの人にボールをぶつけて、相手の陣地に人がいなくなった方が勝ちとなります。ドッジボールの発祥は定かではないものの、原型は1900年から1940年ぐらいに出来たとされています。日本に初めてドッジボールが紹介されたのは1909年のことで、当時日本はまだ明治時代でした。現在のような形式になったのは、大正時代に入ってからです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校でモラルを育む勉強. All rights reserved.